美しく歴史ある埼玉を
次の世代へ残していく。
緑のトラスト運動は、埼玉県民の方から広く寄附を募り、
それを資金として土地や建物を取得したり、
また寄贈や遺贈を受けたりして、
埼玉の優れた自然や貴重な 歴史的環境を、
県民共有の財産として末永く保全していこうという運動です。
昭和59年に県民主体の運動の推進組織として
「さいたま緑のトラスト協会」が発足し、平成24年に公益財団法人に移行しました。
この運動の資金となる「さいたま緑のトラスト基金」は、昭和60年に県に設置され、
現在、この両者が一体となって運動をすすめています。
当社は環境目的植林活動を支援する、さいたま緑のトラスト運動に賛同し、年間50万円の寄付を行っております。
2018年12月には、光栄なことに埼玉県知事より感謝状を頂戴いたしました。
今後も埼玉県の環境に配慮した地域社会創りを目指すとともにさらなる社会貢献に取り組んでまいります。